2015/09/29

南インドなの。

南インド・ベジタリアン・ミールス
南インド料理

プーリ
南インド料理

メドゥ・ワダ
南インド料理

イディヤパン
南インド料理

へ〜、これもあれも手作りできるんだ〜しかも日本で♪
と嬉しくなりますね。

実際のところ今後自分で作るかはわかりませんが・・・

カレーリーフの種も貰ったことだし、育てて、南インド料理にもぜひチャレンジしてみたい(^0^)
カレーリーフ

この料理会の前日もカレーを食べてまして、、、ヘナアートをしてもらいました。
南インド料理

スパイスは幸せを運んで来てくれる〜〜〜。





「カラーの茶話会」

毎月香りのお話もします!9月は『さくら色』です。さくら色の香りは、ゼラニウム、オレンジなどです。香りとともに、色に対するイメージも膨らませていきましょう!さくら色にまつわるエピソードなどがればお持ちくださいね〜☆


9月30日(水)・10月 11日(日)
10:00〜13:00
14:00〜17:00

参加費1000円(和み彩香セラピストの方は500円です)

お茶菓子を楽しみながら、カラーセラピーの体験やカラーのワーク、カラーのお話などをします。和み彩香カラーセラピストの方はこの場を練習の場として腕を磨いてくださいませ。習いたてのセラピーやワークなどをちょっと披露したい方などのご参加もお待ちしております(^^)

詳しくはこちらを→

*飛び出す!オラクルカードリーディングも同時開催しています。
こちらのご予約は10時〜17時の間でご予約をお願い致します。


2014/09/24

南インド 〜 アーユルヴェーダ 〜

インドと言えばアーユルヴェーダ です。
うっかり忘れてました。
アーユルヴェーダ体験記。
忘れる=印象が薄い ということなのですが・・・。滞在中2回受けました。

1回目は、宿泊先がアーユルヴェーダ のプログラムもあるというところでしたので、腕も確かかな?と受けてみました。あいにくドクターの方は不在で、オイルトリートメントのみでしたが。建物の中に入ると、それっぽい本などがあり治りそうな気がします。(特にどこも悪くないですが、、、)
アーユルヴェーダ

「私、アロマセラピストです。」とか言ってみたけど、おねえさん興味なさそうでした。座った姿勢で、頭や胸筋あたりを、あたためたオイルでマッサージがはじまります。オイルが浸透してゆく感じがここちよい。その後、ベットでの施術で60分ぐらい。職業病でしょうか?おねえさんの手が少しザラザラしてるとか、中指の爪が当たるのよねとか、右手の方が圧が強いよねとか・・・意識がランラン。ほぼ素っ裸だし、なんとなくカーテンが空いていて外から人の声が聞こえるしで、空間的にもリラックスできなかったのです。
アーユルヴェーダ

施術が終わり、とってもオイリーな体に、とってもオイリーなガウンを着て案内されたのはシャワールーム。大きな壷と木の椅子が置いてあります。素っ裸で椅子に座ると お姉さんが頭の上からザァッバーとお湯をかけてくれて、シャンプーしてくれて、豆粉で体をゴシゴシしてくてます。自分のペースではなくお姉さんのペースで洗ったり、流したりしてくれるので、どのタイミングで呼吸したらよいものか???目や耳、鼻にいろんなものが入ってきます。
アーユルヴェーダ

数日後に受けたのは、ココ。
アーユルヴェーダ

ヨーガ義兄さんが、早朝の散歩で出会ったカラリパヤットの師匠。カラリパヤットとは、インド南部のケララ地方発祥の古くから伝わる武術です。
アーユルヴェーダ

有名人もココに来ました!的な写真があったり、アーユルヴェーダ的な商品が所狭しと並んでいたり。
アーユルヴェーダ

髭をたくわえた仙人的な人が(カラリパヤットの師匠のお父様だと思われる)、ひと言もしゃべることなく椅子にずぅーっと座っておられたり。
アーユルヴェーダ

これまた効きそうな感じのところです(痛めているところ特にありませんが・・・)。施術前に武術師がノートに私の名前を書いて、何かと交信し、それをまたノートに書き留めて・・・

テンション高めで案内してもらた部屋は・・・。なんとも寒い部屋で、冷たいベットで、おねえさんの手も冷たくて、オイルも冷えていて、施術中はとなりのおねえさんとおしゃべりしながらで、、、終始リラックス感はゼロでした(^^;)施術後、体に残っているオイルを軽く揉んだ新聞紙でガッサガッサと拭き取ってもらい、シャワールームへ・・・。ここでは、メディカルハーブウォーター(薬草たっぷりのお湯が大きい桶に入っています)でボディクレンジング♪この香りはとてもよくって癒されました。でも前回と同じように、よく分からないタイミングでバッサーンとお湯をかけてくれます。トホホ。

感想:たった2回の体験で、アーユルヴェーダを語ることはできなし、オイルを塗布する技術のみがアーユルヴェーダではないし、なんしか奥が深いのだろうと思った。正直よく分からなかった・・・。

結果、アーユルヴェーダなオイルとインドの湿気のお陰で、旅行中 私の髪の毛はエライことになってました。。。
2014/09/12

南インド 〜 さよならインド 〜


ビリヤニを食べ忘れてはいけません。”ムール貝のビリヤニ” が美味しいと地元で有名なビリヤニ屋さんへ行きました。この日は、ムール貝ビリヤニはなく、その次に人気の”チキンビリヤニ” を食べました。これまた、コンモリと盛られたゴハン。このゴハンの中にチキンがゴロリンと入っています。食べても食べても減らないゴハンでしたが・・・。
コーチン

完食!
コーチン

次から次へとお客さんが来ていました。
”ムール貝のビリャニ”

そろそろおやつの時間でしょうか?
コーチン

都会的なカフェもあります。
コーチン

インドの男性たちは仲が良い。
コーチン

その距離感に最初はビックリしましたが、普通だそうです。
コーチン

そして、インドの男性たちは、何かと協力的。タクシーにスーツケースを入れるのに何人もの人が見守ってくれます。何の面識もない人もいたりしますが、こんなに集まってくださると別れが寂しく感じられます・・・。
コーチン

まぁ、そんなことは一瞬で忘れ、最後の晩餐。インドで初めてナンを食べました!白いお皿みたいなのは、アッパムという、ケーララ州の料理です。米粉とココナッツミルクで作った甘くないパンケーキみたいなもので、カレーにつけて食べます。
コーチン

たくさん色んなものを食べたなぁ〜。
コーチン

雨季だったわりには、さほど雨に降られることもなく、心配していたお腹も、まったく壊すことなく、ヨーガ義兄さん、姉さんのお陰で安全に安心に(数人のフランス人に「Are you critic ?」と囲まれたときは怖かったですが・・・)初インドを楽しんできました。
コーチン

そして不思議な出来事と言えば、、、タクシーの後部座席に乗っていたのに、対向車が跳ね上げた泥水を車内で2回かぶり(私だけ)。最終日には、歩道を歩行中バスが跳ねた泥水がズボンにおもいっきりかかり(私だけ)。ズボンの色が変わってるでしょ。
コーチン

これはきっと、イルカや龍神さまのイタズラに違いないと、どこまでもルンルンとプラス思考で楽しく過ごしてきました♪

これで、南インド旅行記は終わりです。
長編でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
コメント(特にFacebookでたくさんいただきました)も、ありがとうございます。インドに興味のなかった方が「行ってみたくなった!」と言ってくださったり、スパイスの話で一緒に盛り上がったり、旅から帰ってきても楽しい余韻が続いています。また来年、どこか南の国へ行きたいな。

数日後に” 番外編 意外に気に入ったシンガポール " をお届けします。




2014/09/10

南インド 〜 コーチンと食と芸と景〜

インドで食べるゴハンもあとわずか・・・。

店先でミシンを踏んでいた女性がオススメのお店で昼食を摂ることに。
昼とも、夜とも言えない中途半端な時間なのに人がいっぱいでした。
コーチン

そして、ご飯は盛り盛り!
実は、旅の終盤はインド料理に飽きがきていて、このコンモリごはんをみただけで、胸がいっぱいになっていました(^^;)今なら、また美味しく食べれるだろうなぁ〜。
コーチン

なのに!ケーキは別腹です。(向きが変ですが、バナナケーキです)
コーチン

お腹が満たされたあとは、芸術鑑賞です。
南インドの伝統芸能である”カターカリ”と”モヒニアッタム"を観ました。
コーチン

メーキャップをしているところから見学ができます。
コーチン

女性役も男性が演じ、目の表情を豊かにみせるため、目にスパイスをいれて充血させたりするそうです。1時間半ほど、とても見応えがありました。
コーチン

日が暮れて来たので、海岸を散歩。
コーチンでは、チャイニーズ・フィッシング・ネット(四ツ手魚網)と呼ばれる魚法が主流で、大きなネットが海岸沿いにズラリと並んでいます。
コーチン

もふもふちゃんと記念撮影。
コーチン

あともう少し続きます・・・。





2014/09/09

南インド 〜コーチンとネコ〜

コーチンの街をブラブラします。
ここは、観光客がわりと多くお店もあるのででショッピングも楽しめます。
コーチン

コーチン

コーチン

コーチン

頭上にはバナナの木が!たわわに実ってます。
コーチン

コーチンは港町なので、魚が多く、ネコも多い。ネコ好きにはたまらないです。
ここからは、ネコ・ネコ・ネコです。

コーチン

コーチン

コーチン

コーチン

コーチン

コーチン


コーチン

コーチン

あっ、ヤギ。
コーチン

コーチン

つづく・・・。


2014/09/05

南インド 〜 コーチン 〜

さて、山深いムナールを離れ次は水郷地帯のコーチンへと向かいます。
朝の出発が早かったので、サンドウィッチを宿の方に作ってもらいました。
インドの食パン甘い。

コーチン

またまた車で4時間の移動です。車窓からの眺めが楽しくって、シャッターチャンスがいっぱい。何してる?
コーチン

家具屋さん街。これは絶対、店員。
コーチン

用事がありそうで、なさそうな人たち。
コーチン

インドのお菓子。
コーチン

滝にはサルが付き物。
コーチン

半野犬も多い。
コーチン

車ごと船でコーチンへ渡ります。
コーチン

ヘリテージホテルに宿泊。
コーチン

おやすみ。
コーチン

次は、街ブラです。

2014/09/02

南インド 〜 ムナール 〜

ムナールは南インド最大の茶栽培地域です。

スパイスガーデンのあるティッカディからムナールまで車で約6時間。山道をひたすら進みます。残念なことに、ドライバーさん、運転下手で車酔い。車窓からの幻想的な眺めを吐きそうになりながら鑑賞。
ムナール

今でも、この景色をみると、ちょっぴりオエぇ。
ムナール

宿泊先は、山の中で、激寒。ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽの代わりにしたり・・・。
ムナール

お風呂のバケツで足浴したり・・・。(オレンジ、ティーツリー、ラベンダー、ミントの精油を持っていきました)「お〜、寒い寒い。ここは本当にインドかい?」と何度思ったことか。
ムナール

周りは山のみ。でもその山はカルダモン畑〜☆散歩しました。カルダモンは、こんなに背が高いのですよ。
ムナール

ちょこっといただいて、中身を拝見。フレッシュカルダモンです。
ムナール

こちらは、ナツメグだと思われます。
ムナール

山奥に家が一軒だけあり。子どもが、キャッキャッ、キャッキャッと遊び回っている姿がなんとも可愛く。手をふるとニッコリ、バイバイしてくれました。
ムナール

着ている服の色、服のライン、全てが可愛く、カルダモンの妖精のようでした。
ムナール

ここの食事は、ヨーガ義兄さん曰く、いまいちだったそう。私は食欲がなかったので胃を休めるためにもあまり食べませんでしたが、レモンライスはとても美味しかったです。旅行中、姉が「ギー(バターオイル)の味か強い」とよく言っていて、どれがギーの味かわかりませんでしたが、このころからギーの味が分かるようになってきました。
ムナール




2014/08/28

南インド 〜 アブラハム・スパイス・ガーデン 〜

ここも深く記憶に残った場所。

スパイスガーデン。
スパイスやハーブなどが植わった庭(山?)を、見学できます。(説明付)
スパイスガーデン 南インド

ここでは、リッラクスヘナで使っているハーブたちにも出会えて気分上々!

アムラ
スパイスガーデン 南インド

ブランミー
スパイスガーデン 南インド

トゥルシー
スパイスガーデン 南インド

チャイでおなじみのスパイスもたくさんで、大好きなカルダモンには感激ですよ。

カルダモン 背丈が高ーい!
スパイスガーデン 南インド

実は足元に付いています。
スパイスガーデン 南インド

グローブ
スパイスガーデン 南インド


バニラ バニラビーンズのあのバニラ☆あのお高いバニラビーンス。そりゃ高いよね〜。
スパイスガーデン 南インド


シナモン シナモンにもいろんな種類があるんですね〜。
スパイスガーデン 南インド


カカオ
スパイスガーデン 南インド


コーヒーの木
スパイスガーデン 南インド

蜂の巣
スパイスガーデン 南インド

サルが食い散らかしジャックフルーツのタネ
スパイスガーデン 南インド

説明のあとは、ショップへ〜!「どうぞ〜」
スパイスガーデン 南インド

ジャパネットたかたを彷彿させる兄さん。
スパイスガーデン 南インド

写真だけ撮って帰りました(^^) ココナッツでつくったボディタワシ。
スパイスガーデン 南インド

他にもたくさんの木や草がありました。
またゆっくり見学したいところの一つです。




2014/08/26

南インド 〜ペリヤール野生動物保護区〜

植物のあとは、動物に触れ合おう!ということで、野生動物保護区へ。

「動物が出てこなかった!」と少々お怒りぎみの人がボートから降りてきて、雨も少し降ってきて、出発前からテンションさがりますやん。。。。

ペリヤール野生動物保護区

どんより雲の中、ボートに乗って動物ウォッチングです。
ペリヤール野生動物保護区

では、ここから先は、目を凝らしてみてくださいね。

ペリヤール野生動物保護区

「わー!鳥、トリー!」たかが鳥(カワウ)ですが、テンション上がります!

しばらくすると、木が生い茂っているところがバサっと揺れました。きっと、サルがいたに違いない。茶色い物体も見ました。ガイドさん曰く、シカだそうです。

でた〜!バイソンです!
ペリヤール野生動物保護区

ズームイン
ペリヤール野生動物保護区

Uターンして戻ってくるときには、青い鳥キングフィッシャー(カワセミ)も見ました。

乾季のときは、ゾウやタイガーがよく出てくるそうです。雨季にもかかわらず、たくさんの動物が出てきてくれたので、とってもラッキーでした☆

ペリヤール野生動物保護区

--------------

おまけは、トイレ。海外に行くときはトイレ事情が気になりますよね。

ペリヤール野生動物保護区
子供用なのか、大人用なのか?扉の高さが低すぎます。のぞけちゃいます。扉のないところもあります。一番奥は海外旅行者用のトイレなのか、きちんとした扉でした。

ペリヤール野生動物保護区
そして、この便器はどうなのでしょうか?どっちを前にしてしゃがめばいいのでしょう?男性用?

不思議な感じはありましたが、それほど嫌な感じのトイレには出会わなかったです。

次回は、またスパイスガーデンです。





2014/08/23

南インド 〜スパイス・ビレッジ〜

テッカディのリゾート施設 スパイス・ビレッジに宿泊。もう一泊したかったなぁ。無料のアクティビディが充実していて♪♪♪全て体験したかったけど、できなかったー。

Introduction of Spaice
南インド スパイス・ビレッジ
1日目は、ココナッツとチキンのカレー、2日目はベジタブルカレーでした。

南インド スパイス・ビレッジ
農夫さんからカルダモンとシナモンについてのお話もありました。

南インド スパイス・ビレッジ
もちろん試食できます☆

Yoga&Meditation
南インド スパイス・ビレッジ
7:30〜 鳥や雨音の中でしっとり始まりました。参加者2名でした(^^;)

Classical Dance
南インド スパイス・ビレッジ
右側の方はお盆(?)に乗って踊られてます。どういう踊りだったのでしょうか?とても美しく、可愛かったです。

そして、スパイス・ビレッジという名の通りスパイスが充実していて、敷地内にはたくさんのスパイスの木が植わっています。ハーブもたくさんあります。リスやサル、ホロホロ鳥もたくさんいました(^^)

ジャックフルーツ
南インド スパイス・ビレッジ

ハーブと野菜
南インド スパイス・ビレッジ

野菜くずなどで堆肥などもつくられているそうです。
南インド スパイス・ビレッジ

コショウ
南インド スパイス・ビレッジ


南インド スパイス・ビレッジ
ニーム↓ それぞれの木に名前が書かれています。
南インド スパイス・ビレッジ


南インド スパイス・ビレッジ
ローズウッドもありました↓大好きなローズウッドですが、木片からは何の香りもしませんでした・・・。
南インド スパイス・ビレッジ

モリンガ/ドラムスティック
南インド スパイス・ビレッジ

オールスパイス 実のオールスパイスしか知りませんでしたが、葉もオールスパイスと同じ香りがします。これには、感動しました!Introduction of Spaiceでも、葉をそのままカレーに入れて使用されてました。現地ならではの使い方ですねー!
南インド スパイス・ビレッジ

雨の中、2時間ぐらい散策したでしょうか???「何これ!」とワクワクするような植物もたくさんあり、時間があれば、ネットで調べて(電波が悪く繋がらなかった)次の日もまた散策したかったのですが、野生動物の保護区にも行きたいし、アーユルヴェーダも受けたし・・・で、次回に持ち越しですね。プールにも入れなかったし〜。

南インド スパイス・ビレッジ
食事も、とても美味しかったのです。
マサラドーサ☆